リモート時代のコミュニティの活用のヒント – 1. ソーシングの潮流:クラウドソーシング、効率的なオンデマンド・エコノミーの未来

コンテンツ

2020/05/22

TC3株式会社 > コンテンツ > リモート時代のコミュニティの活用のヒント – 1. ソーシングの潮流:クラウドソーシング、効率的なオンデマンド・エコノミーの未来

リモート時代のコミュニティ活用のヒントシリーズより、『1. ソーシングの潮流:クラウドソーシング、効率的なオンデマンド・エコノミーの未来』をお届けします。この記事はTopcoder公式ブログ記事 "CROWDSOURCING: THE FUTURE OF AN EFFICIENT ON-DEMAND ECONOMY" の翻訳記事です。


クラウドソーシングは全ての産業が利用可能な現実的なソリューションとなりました。IBIS World Researchが実施した調査によれば、クラウドソーシングの市場は2012年から2017年の間に37%伸長しています。現在は3,000社以上の企業がクラウドソーシングサービスを提供しています。

クラウド(Crowd:群衆)ソリューションが経済のあり方と共にビジネスのあり方も変えるであろうことは明らかに見えます。しかし、それはどのように変わるのでしょうか?
ご一緒に詳しく見てみましょう!

 

機会の民主化

インターネットが普及する以前は、社内で志を同じくする同僚たちはウォータークーラーの周りに集まって、会社の抱える問題に関してアイデアとソリューションを議論し合ったものです。しかし、今日では発達したテクノロジーとSNSの登場によって、より多くの人々が同じ場所を共有せずともコラボレーションを行う事が可能となりました。

このことをFCWのSteve Kelman以上に上手く表現した人はいないでしょう。曰く、「ウォータークーラー」+「テクノロジー」=「クラウドソーシング」であると。

インターネットは様々な職業や、様々な立場の人々が利用できるものです。今日ではその人がどこに居るかは問題ではありません。また、経歴ではなく実力が問われる時代です。このことを考えると、インターネットが普及した現代は『機会の民主化』が実現した時代だと言えるでしょう。単純化して言えば、全ての人々により多くの機会が与えられているのです。

クラウドソーシングが一般的になる以前は、企業の中で経営チームだけが複雑な問題へのソリューションを見つける責務を負っていました。しかし、現在は世界中の様々な領域の専門家から、彼らの意見やソリューションをたちどころに提供してもらう事が可能です。競合に先行して優位性を獲得する戦略から、特定の市場の成長率を予測することまで、クラウド(群衆)は価値の高いインプットを提供します。これらのタレントは従来の勤務形態にとらわれず特定の企業に所属をしない為、今まではコンタクトを取ることすることすら出来なかった人々ですが、高品質なアウトプットと共に、新たなインスピレーションや打開策となるコンセプトを提供する熱意に溢れる人々です。

 

ネクスト・ジェネレーション

人間とテクノロジー、それはパワフルな組み合わせです。その中でも注目すべき取り組みとして、多くの企業がAI機能の改善の目的で活用するクラウドソーシングがあります。Topcoderでは、AIの課題に対して「人間」+「マシン」アプローチを取るケースが多くなっています。人間が優れたアルゴリズムのベースを開発し、群衆のクラウドからフィードバックを得ることによって、AIモデルの改善を行っているのです。

Hiveという企業はクラウドソーシングによるリソース活用に関する優れた事例を提供しています。彼らは60万人以上もの人々を世界中から集め、ビデオ映像やコマーシャルに映る企業ロゴを探し出すプロジェクトを実施しました。そしてその際に得られたデータを自動的に企業ロゴを認識するAIモデルを開発する為のトレーニングデータとして活用することによって、企業ロゴの自動認識アルゴリズムを開発したのです。その成果がadweek.comでは下記のように伝えられています。“こうして開発された新たなAPIは、様々な企業やブランドが、スポーツの中継やTVショーその他ビデオ映像に、それぞれのロゴがどこに、どの程度の長さで、どの程度目立つ形で、どの程度の明瞭さで写っているのかを計測することを可能にしました。“

クラウドソーシングはビジネスユーザーに対してインターネットを介したプライベートなコンサルタントとコラボレーションする為の多様性と柔軟性を提供します。クラウドソーシングは更に、AIテクノロジーに対してコストパフォーマンスが良い(そしてタイムリーな)改善と進化を促す事が出来ます。このクラウドソーシングの仕組みは、より多くの仕事をリモートで行うことを可能にし、オフィスのパーテーションを過去のものとするでしょう。

 

Topcoderはお客様のご要望に応じたCROWD開発をご提供します

Topcoderではお客様とのプロジェクトを開始する際に、要件の細部まで全てを定義する必要ありません。Topcoderの『コンテスト』はスキルの高いタレントを引きつけ、彼らのアイデアや価値の高い経験が引き出されるようにデザインされています。(訳注:また、日本ではTopcoderコンテストに精通するTC3のアーキテクトが要件をどの粒度まで規定するべきかのアドバイスを提供しながら、ご一緒に要件を作成します。)Topcoderのコンテストはその領域で自らが優れていると信じる、スキルに溢れる個人が最高のパフォーマンスを発揮出来るように参加メンバーのモチベーションを刺激します。我々が課題を提示すると、その領域に強いコミュニティのメンバー側から課題にアプローチし、コンテストに参加をします。この仕組みによる一番のメリットは、お客様がそれまでには活用の出来なかったタレントとつながり、そのスキルを活用出来る事と言えます。

 

AppleやGoogleとの人材獲得競争

Tocoderを活用することは、AppleやGoogleが求めるような人材の非常に高いスキルを求めて、彼らと競い合うことを意味します。クラウドソーシングとテクノロジーの強力な組み合わせにより、より多くの情報を流通し、共有させることが可能です。また、増え続けるクラウド(Cloud)ベースのシステムは、リモートワークを今までよりもずっと容易にしています。この動きはクラウド(Crowd)ソーシングの流れに沿った緊密なコラボレーションを促進するものです。

今や企業はビジネスを成長させ、成功に繋げる為の知識、情報、及びタレントへの新たなアクセス・パスを持ちました。このアクセスによって、多くの企業の課題解決や革新的なアイデアを生み出すこと、または新製品やサービス、アプリケーションの開発が加速されています。

あなたのイノベーションやデジタル施策を次のレベルに押し上げる多様なタレントを探していますか?Topcoderではお客様のビジネスが世界中のパッションに溢れるタレントと繋がることを支援します。私たちのデジタルソリューションについての更なる情報についてはこちらよりお問い合わせください。