人工知能・アルゴリズム開発でギグの力を活用するDX実践者たち
―2020 Topcoder Innovation Awardファイナリスト

コンテンツ

2020/11/11

TC3株式会社 > コンテンツ > 人工知能・アルゴリズム開発でギグの力を活用するDX実践者たち
―2020 Topcoder Innovation Awardファイナリスト

はじめに

このブログ記事は、Topcoder社が運営するブログの翻訳記事です。TC3株式会社はTopcoder社の日本で唯一のプレミア・パートナーであり、Topcoder社より許可を得て日本語に翻訳した記事を掲載しています。

 

英語での原文記事は  ANNOUNCING THE 2020 TOPCODER INNOVATION AWARDS FINALISTS をご確認ください。

 

11月13日(日本時間早朝)に2020 TOPCODER INNOVATION AWARDが発表されます(表彰イベントへの登録はこちら)。TOPCODER INNOVATION AWARDは毎年開催される、TOPCODERを活用し、イノベーションを実現している企業を表彰する会です。

 

Topcoder Innovation Awardでは、6カテゴリに別れて表彰が行われます。今回の翻訳ブログでは、ブログ記事内で紹介されているProgram of the Yearの候補企業一覧とあわせ、Cutting Edge Awardでファイナリストとしてノミネートされている企業が、どのような領域でギグの力を活用しているかご紹介いたします。名前が伏せられている企業もありますが、多くの企業がAIやデータサイエンス領域でのプロジェクトを進めていることがわかります

 

―――翻訳ここから―――

 

Program of the Year

Topcoderと企業をつなぎ合わせ、チーム及びプログラムを大きく成功させたお客様

・BT Group (イギリス)

※訳注:BT Groupは、イギリスの大手通信事業者です。固定電話事業、インターネットサービスを提供しており、170カ国以上で事業活動を行っている。1991年までブリティッシュ・テレコミュニュケーションズであった。

 

・Telstra(オーストラリア)

※訳注:Telstraは、オーストラリアの最大の公共・民間所有の通信会社。

 

・T-Mobile(アメリカ合衆国)

※訳注3:T-Mobileは、アメリカ合衆国の加入者数第3位の携帯電話事業者。

 

・Wellmark Blue Cross Blue Shield(アメリカ合衆国)

※訳注:Wellmark Blue Cross Blue Shieldは、アメリカ合衆国の相互保険事業者。アイオワ州やサウスダコタ州にて2百万人以上の加入者がおり、健康保険領域での加入者が多い。

 

・Zurich Insurance Group(スイス)

※訳注:チューリッヒ・インシュアランス・グループは、スイスのチューリッヒ市を拠点に1872年に設立された保険会社。グローバルで損害保険及び生命保険の商品・サービスを幅広く提供している。

 

 

CUTTING EDGE AWARD

Topcoderのプラットフォームを活用して、まさにクールで最先端で重要かつ業界に変革をもたらすような”Project of the Year”の候補者です。

 

Intelligent Voices Of Wisdom (IVOW)(アメリカ合衆国)

IVOW(※)のミッションは、文化的な物語を通して、AI(人工知能)をより包摂的で、より良いものにすることです。IVOWとTopcoderは女性の歴史に関するデータセットをアイディエーションチャレンジとして開催し、文化的な知性をAIに導入するために、歴史の中の女性のプロフィール情報を集め、整頓し、公共情報として利用しやすくしました。

※訳注:このプロジェクトに関する詳細(英語)はこちらのから参照することができる。歴史における女性に関するデータを活用し、AI製品・ソリューションへ活かせるかを調査した。このTopcoderチャレンジでは15名が参加し、7名が表彰された。

 

グローバル金融機関(スイス)

社員がアイデアやタスク、プロジェクトを投稿し、完成まで協業する、モダンで直感的なクラウドソーシングツールを開発。多くの成功があり、従業員変革イニシアチブを更に広げることになった。

 

大手製薬会社(アメリカ合衆国)

重要性高く、時間に制約がある臨床試験の計画プロジェクトに関して、TopcoderのプラットフォームとTopcoderのデータサイエンスエンジニアコミュニティを活用。予測モデルのバリデーション、既存データを活用した予測モデルの実装、更に労力の管理のためにオーダーメイドの可視化ツールの開発をわずか4週間以内に完了させました。

 

世界最大級の油田サービス会社(アメリカ合衆国)

この油田サービス企業は、TopcoderのOpen Innovationを活用し、不良検知を自動化するために、複雑なデータサイエンス領域のアルゴリズム開発を行いました。これにより、エネルギー関連の顧客に対して、地質学的データを提供するサービスへ事業転換を実現しました。

 

Ognomy(アメリカ合衆国)

このアプリケーションは、Dan Rifkin博士が新型コロナウイルス感染症が広がった際に思いつき、Topcoderでトータルに実装しました。医者と患者向けのトータル機能を提供する遠隔治療アプリケーションで、コンセプト開発から開発まで一貫してTopcoderで実現しました。

 

大手テクノロジー企業(アメリカ合衆国)

市場価格最適化はウェブベースのツールで、グローバルの営業チーム向けに、幅広いテクノロジー製品に渡り価格と製品情報を管理しています。利用するテクノロジースタックを最新のものにすると共に、直感的なユーザー体験を作ることができ、グローバルの営業チームの生産性が格段に向上しました。

 

Woodside Energy(オーストラリア)※

PaaSの改良とともに、2つのクラウドにあるファイルサイズが大きい場合(40GB以上)の間のデータの違いを発見するWoodside’s Point Cloud Differencing Algorithm と呼ばれるアルゴリズムを開発しました。2週間以内の期間で、TopcoderとWoodsideは発展させた機能、互換性、拡張性を実現しました。

※訳注:Woodside Energyは液化天然ガス業界においてオーストラリアでリーダー企業。

 

―――翻訳ここまで―――

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?ブログ記事で簡単に紹介している内容であるため、わかりにくい内容もあったかもしれませんが、金融機関では、社内ツールを開発するのにTopcoderのディベロッパーの力を活用しました。また、大手製薬企業や油田サービス会社はデータサイエンス領域でTopcoderの力を活用しています。

 

最新技術を活用したアプリケーションのモダナイゼーションができたり、既存データをTopcoderの力をかりて予測モデルを構築したりと企業が持つ資産を価値あるものに仕立てあげることが可能です。

 

TC3でも数多く人工知能・機械学習など、データサイエンス領域でのご支援をお客様にさせていただいています。公開されている事例は以下のページからご確認いただけますので、ご興味ある方はぜひ御覧ください。

お客様事例紹介

 

また、上記にない事例のご紹介やご相談につきましては個別のお打ち合わせで実施させていただきますので、こちらからご連絡いただければ幸いです。