リモート時代のコミュニティ活用のヒント – 5. グローバルの先端事例

コンテンツ

2020/07/31

TC3株式会社 > コンテンツ > リモート時代のコミュニティ活用のヒント – 5. グローバルの先端事例

リモート時代のコミュニティ活用のヒントシリーズより、『5. Topcoderがグローバル企業の成功を支援している例』をお届けします。この記事はTopcoder公式ブログ記事”TOPCODER’S 8 INNOVATION MOMENTS OF 2019“の翻訳記事です。


2019年は、私たちのTopcoderコミュニティとお客様にとって素晴らしい一年となりました。私たちは今年も革新的なプロジェクトにフォーカスをし続け、その結果、企業の業務に組み込まれた複雑な課題をデジタルで扱えることを誇りに思っています。私たちは世界の働き方を変えるために存在しており、今回ご紹介する事例の多くは、オンデマンドで専門的なデジタル人材を活用して、課題解決を実現している組織の力を示しています。2019年のイノベーションのユースケース、トップ8を一緒にお祝いしましょう!

 

1. Microsoftとの24時間製品テストサイクル

『Microsoft Teams』は非常に成功した製品群であり、コラボレーション、コミュニケーション、ソーシャル、ドキュメントの共有などの非常に多くの機能を提供しています。彼らの製品開発チームは非常にパワフルで、チームは7日ごとに新しいコードをデプロイするという真のCI/CDを実現しています。Microsoftはオンデマンドにコラボレーションが出来る人材と、その人材との24時間のテストサイクル、7日ごとのテストサイクルの実現を求めていました。このユースケースは、MicrosoftがTopcoderと如何にこの要求を実現したか、また、その結果Topcoderのプラットフォームが如何に進化したについてのストーリーです。TopcoderのWebサイトで続きを読む

 

2. T-Mobileの大規模なオンデマンド・タレントの活用

T-Mobile が Topcoder Innovation AwardのProgram of the Yearを受賞しましたが、これにはいくつかの理由があります。大きなの理由の1つは、プロジェクトを加速させる為にオンデマンド人材の活用を受け入れた、T-Mobile社内のリーダーたちの果たした役割にあります。T-MobileのプリンシパルエンジニアであるKendrick Bursonは、大企業によるTopcoderコミュニティ活用のパイオニアであり、パワーユーザーの一人です。マネジメント層の適切なバックアップと、Kendrickのようなリーダーの推進力によって、T-Mobileはイノーベーティブなプログラムの規模を拡大し、より大きな目標を達成を実現しています。
YouTubeでKendrickへのインタビューを見る

 

3. データサイエンスによる天候予測精度の改善

「水」は地球上で最も貴重な資源の1つですが、この資源を効果的に管理することは容易なことではありません。Topcoderで大規模に実施されているUSBR (アメリカ合衆国開拓局) 天候予測コンテスト・シリーズで、Topcoderコミュニティは、水資源管理者がより効率的に水供給を管理する為に必要な気象情報を提供するアルゴリズムを開発しています。Topcoderは複雑な課題をデジタルの力で解決する為に設立され、その目的をこのように果たしています。TopcoderのWebサイトでコンテスト・シリーズを見る

 

4. AIを利用した癌治療の改善

今後、AIによって肺がん治療の意思決定はより迅速で一貫したものになるでしょう。ハーバード大学およびダナ・ファーバーがん研究所とTopcoderの提携により、Topcoderのメンバーは、CTスキャン上で肺腫瘍を効果的に描出するアルゴリズムを構築しました。そして、このアルゴリズムのパフォーマンスは腫瘍検出を行う専門医のスキルに匹敵しています。これは人類にとって重要な進歩です。続きを読む

 

5. 卓越した才能のオンデマンド活用システム

私たちは、Talent-as-a-Serviceの提供を開始することで、企業のタレントギャップを新たな方法で解決します。成功したチャレンジモデルに代わる新しいTaaSソリューションでは、クライアントはオンデマンドで柔軟に人材を確保出来るようになり、人材採用、オンボーディング、新入社員管理の必要性がなくなり、最終的には、より迅速で優れたビジネス成果が得られるようになります。

 

6. Topcoderが量子の世界へ!

Topcoder初量子ベースのコーディングチャレンジで、未来が少し近づきました。富士通とのパートナーシップと、富士通の最先端技術である量子にヒントを得た分析手法を利用して、コミュニティメンバーが従来の問題を如何に解決したかをお読みください。これは、私たちのコミュニティとお客様たちにとっての大きなマイルストーンとなりました。量子コンテストシリーズのランディングページを読む

 

7. 地理空間情報解析の進歩

私たちは災害救助から軍用用途までを目的に含むSpaceNetプロジェクトにて、地理空間分析(地図作製や衛星画像活用を含む)を進めています。チャレンジシリーズの詳細についてはこちらをご覧ください。また、データサイエンティストの方はSpaceNetによるこちらのMediumへのポストにて、コンテストで受賞したメンバーとそのアルゴリズムについての議論をお楽しみいただけます。

 

8. 教育と機会の更なる提供

THRIVEはここにあります。私たちはコミュニティの成長を常に支援していますが、今回、メンバーが新しいスキルを学んだり、さまざまな技術分野を探索したり、最新の技術情報を得ることができる場所を用意しました。THRIVEでは、チュートリアルドキュメントからビデオまで、メンバーリソースの全てをご覧いただけます。

 

ワクワクして頂けましたでしょうか?2019年はメンバーとパートナーのおかげで目覚ましい成功を収めることが出来ました。2020年も引き続き、Topcoderはコミュニティに新たなチャレンジをもたらし、業界全体で全く新しい進歩を促進させていきます。引き続き私たちとご一緒に活動して参りましょう。