リモート時代のコミュニティの活用のヒント – 6. 日本のデジタル事例 :TC3による日本のお客様に対するデジタル支援の事例

TC3株式会社 > コーポレートニュース・リリース > リモート時代のコミュニティの活用のヒント – 6. 日本のデジタル事例 :TC3による日本のお客様に対するデジタル支援の事例

TC3はTopcoderのオンデマンドでハイスキルなグローバルベースのコンテストと、自らのユニークなアジャイル開発・メソドロジを駆使して、日本のお客様のデジタル活用に関する課題解決を行っています。
 
主なお客様は医療機器メーカー、複数の企業中央研究所、システム・インテグレーター、中央行政機関、国内・外資の製薬会社、小売企業、総合化学メーカー、通信事業者、半導体メーカー、デザインエージェンシー等の皆様が含まれ、ご支援を行う、また共創プロジェクトを実施するお客様はなお拡大しています。
 
ここでは、TC3のWebサイトで事例を公開している経済産業省・中小企業庁、日立製作所、CACクロアの皆様とのプロジェクトを振り返り、TC3のサービス・ソリューションのポイントをご紹介いたします。各事例ページへのリンクも掲載しておりますので、この記事と併せてご覧頂き、より詳細な情報やご質問についてはお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。
 

1. 経済産業省・中小企業庁 DX室

行政機関や大手企業ではその堅牢性と信頼性から、システム開発の際に要件の確定からシステムの開発までの全てを計画し、長い時間を必要とするウォーターフォール型開発手法が採用されてきました。他方、現代のシステムでは柔軟性や開発の迅速性も強く求められます。この現代に求められる要件を満たすべく、TC3は経産省・中企庁 DX室様と共に、Topcoderのコンテストを機動的に活用したアジャイル開発プロジェクトを実施いたしました。

■抱えていたチャレンジ・ペイン:

・先端的なソフトウェア開発手法、デジタルテクノロジー活用のトライ
・ウォーターフォール型プロジェクトに起因する長い開発期間と進行状況の不透明さ
・グローバルリソースの活用
 

■解決策:

・DX室様とTC3のメンバーから構成する共創プロジェクトチームの組成
・TC3のプロフェッショナルサービスによるアーキテクチャ設計、テクノロジ・ツール選定、開発テーマのアトマイゼーション(※1)の実施
・切り分けたモジュールのTopcoderのコンテスト等を活用したアジャイル開発
・フロント、バックエンドのモジュール開発と並行したTC3によるAWS上のサービス基盤の構築
 

■プロジェクト効果・成果:

・6ヶ月のプロジェクト期間で5,000ユニークユーザー向けのβ版アプリケーションをAWS上に構築
 

■提供サービス・プロダクト:ソリューション:

・TC3 GigAgile開発支援サービス
・TC3 クラウド運用サービス
・Topcoder UI/UXコンテスト
・Topcoder フロントエンド開発コンテスト
・Topcoder API開発コンテスト
 
※1 アトマイゼーション:Atomization(原子化)の意。機能要件を技術・モジュール単位に分解し、Topcoderなどのギグ・エンジニアが開発しやすい単位・大きさに切り分けること。
 
経済産業省・中小企業庁 DX室様とのプロジェクト事例はこちら
 

2. 株式会社日立製作所 研究開発グループ

機械学習のモデル開発には大量かつ整った「データ」が必要ですが、そのデータの一部を構成する教師データの作成、つまりラベリングの実施には多くの手間と時間が必要です。この課題の解決を試みるべく、時系列データをテーマとして、少量の教師データから自動的にラベリングを行う手法のアイデア募集コンテストを実施するプロジェクトを行いました。

■抱えていたチャレンジ・ペイン:

・データサイエンス、アルゴリズムの高いスキルを持つ外部リソースのオンデマンドな活用
・オープンイノベーションプロジェクトの実践
 

■解決策:

・TC3のプロフェッショナルサービスによるアルゴリズムのアイデア、及びプログラムの評価指標と評価関数の開発
・TC3のプロフェッショナルサービスによるAWS上のアルゴリズム評価環境の開発
・Topcoderでのデータサイエンス・アイディエーションコンテストの実施
 

■プロジェクト効果・成果:

・多数のコミュニティメンバー(79名)のコンテストへの参加
・5件の新規性を持つアイデアをまとめたレポートと、アルゴリズムのProof Codeの獲得。
 

■提供サービス・プロダクト:ソリューション:

・TC3 AIエンジン開発支援サービス
・Topcoder アイディエーションコンテスト
 
日立製作所 研究開発グループ様とのプロジェクト事例はこちら
 

3. 株式会社CACクロア ICT事業部

現在、ソフトウェアの世界では日々新たなテクノロジーが生まれ、市場に投入され、そして進化を続けています。このソフトウェア、またはデジタルのトレンドの全てに追従し自社でサポートをすることは、多くの事業者にとって現実的ではないその一方で、これらのテクノロジー活用が事業やサービスの大きな差別化の源泉にもなります。CACクロア様とのこのプロジェクトでは、社内の最優秀エンジニアを補完する役割としてTC3のTopcoderサービスを試行して頂きました。



■抱えていたチャレンジ・ペイン:

・AWS LamdaやAPI Gateway、またGoogle API等の最新のデジタルテクノロジーを理解するパートナーとのクイックなプロジェクト実践
 

■解決策:

・TC3のプロフェッショナルサービスによる開発テーマのアトマイゼーションの実施
・多数のメンバーが参加をするTopcoderのコンテストと、指名したメンバーと限定されたスコープの開発を超短時間で行うTopcoderのダイレクトタスクを組み合わせたプロジェクト設計
 

■プロジェクト効果・成果:

・クイックなプロジェクトの実施と完了(実質1.5ヶ月)
・お客様社内の最優秀技術者と同程度の品質のソースコードの獲得
 

■提供サービス・プロダクト:ソリューション:

・TC3 GigAgile開発支援サービス
・Topcoder API開発コンテスト
・Topcoder クラウド(AWS)デプロイ・ダイレクトタスク
 
CACクロア ICT事業部様とのプロジェクト事例はこちら
 

TC3とのプロジェクトに興味をお持ち頂けましたか?